チェスの楽しみ方2つ

チェスの楽しみ方…2つ
OFFISIAL GAME・JUST FUN GAME

チェスの楽しみ方は大きく分けて2つあります。

A 遊び・パスタイムとしてのゲーム
B 競技(=スポーツ)としての「公式戦」

大学で言えば  同好会(A)と○○部(B)の違いに
近いでしょうか。

参加者の意識や意欲の差ではなくて、そのゲームを管轄する
全国組織があるかどうかの違いです。

家族・仲間とチェスを楽しむだけであれば、
B(=公式戦)に参加する必要はありません。
より真剣で迫力のあるゲームを…という方は
競技(=スポーツ)としての公式戦に参加してみましょう。

(チェスカフェアンパサンでは、日によってそのどちらを
楽しむかを分けています)

B(=公式戦)には、対局を管轄する
日本チェス協会(JCA)があり、
さらにその上に国際チェス連盟(FIDE)があります。
対局の結果から、その人の実力を示す指標=レイティングが
計算されます。

「公式戦」には競技(=スポーツ)としてそれなりの
ルールやマナーがあります。あらかじめ目を通してから、
参加されるのが望ましいと思います。

あとでトラブルにならないように…

公式戦のルール・マナー

*一番大事なドロー(引き分け)については
 次ページをご覧ください。

□始めにエントリーを済ませてください。
  3局(1日):¥1000,2局:¥1000,
  1局:¥500,
  4局目からは、¥300/1人/1局が必要です。
  (大阪アンパサンチェスクラブの場合)

□対局中は必ずチェスクロックを使い、
  棋譜を取ってください。

□棋譜は自分の残り時間が5分を切ったら、
  正確に記入する必要はありません。
  ただし、チェック記号(√)を入れて手数は
  数えておいてください。

□チェスクロックは黒番の人の使いやすい側に
  置くのが通例です。
(審判・ディレクターが指示する場合もあります)

□駒を動かしたその手でクロックを押してください。

□対局中は禁煙です。タバコは室外でお願いします。

□35手:50分、+10分のときは、
  35手指し終えた時点で時計を10分バックさせます。
  35手前に50分を使い切った場合は
  時間切れで負けになります。
 35分+1手30秒のフィッシャーモードも可です。
(大阪アンパサンチェスクラブの時間設定です)  

□対局後の感想戦(分析)は、周囲に聞こえないように
  できるだけ小さな声で行なってください。

* 対局の前後は握手しましょう。
   (国際的慣習です。勝ったときも負けたときも
    互いの健闘をたたえて握手しましょう)